弊社の新型コロナウイルス感染防止対策についてこちら

雪が多い地域でチカラを発揮する屋根塗装

塗り方、塗料選び、塗装会社選びも大切!

こんにちは(*^^*)岩佐塗装の広報担当です。私はそろそろ、冬の寒さに飽きてきた頃なのですが(笑)皆さんはいかがでしょうか。今回は、そんな寒い季節、特に雪が降る地域で効果を発揮する屋根塗装のチカラについてお話します。

雪の地域で屋根が傷つきやすいワケ

雪が多い地域では、屋根が劣化しやすいってご存知でしたか? 雪が降って屋根に積もり、それが昼間の太陽光によってちょっと溶け、夜になって寒くなると……凍ってガチガチに。その氷が、屋根を傷つけてしまうことがよくあるんです。

傷ついた屋根、どんなふうに塗装するといい?

傷ついた屋根の表面にそのまま塗料を塗ると、元の劣化した塗料の影響で新しい塗料もはがれやすくなってしまいます。そこで当社では、古い塗料をしっかり研磨して取り除き、キレイにしてから新しい塗料を塗っていきます。こうすることで、新しい塗料がビシッと密着し、良い状態が長持ちするんです✨

傷つきにくい塗料とは?

“2液性”のシリコン樹脂またはフッ素樹脂だと、塗膜が硬いため傷つきにくく、長持ちします。岩佐塗装のある雲南エリアも雪が多いので、2液性の塗料をよく使っていますよ。

「性能がいい塗料」と一言でいっても種類がいろいろあるので、その中でも地域の気候に合ったものを選ぶのは重要だと当社は考えます!そのためにも、塗装工事は地域のことを良く知る地元の塗装会社に依頼するのが安心かもしれません。

「うちの屋根は大丈夫かな?」と気になった方、ぜひお気軽にご相談くださいね。
匿名でOK!しつこい営業もナシ!お問合せはこちらから
https://183paint.com/contact/

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!