8月25日〜外壁・屋根塗装相談会開催しております!

片流れ屋根のメリット・デメリット

これから建てる方はご参考に♪

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。スタイリッシュなシルエットがカッコいい片流れ屋根の戸建て住宅、ここ数年でよく見るようになりましたね。今回は、塗装の視点から見た片流れ屋根のメリットやデメリットを、社長の岩佐に聞きました。

塗装会社視点のメリット・デメリット

さっそくですが社長、片流れ屋根のメリットを教えてください。
「まずメリットは、シンプルな作りなので雨漏りがしにくいということ。また、塗装とは直接関係ないですが、屋根裏を活用して小さな部屋や収納スペースを作れたりするのがいいですよね。屋根に遮熱塗料を使えば、夏でも熱くなりすぎる心配なく快適に過ごせます」。
デメリットはいかがでしょう。
「この形状の特徴として、屋根の一番高いところの下の外壁に雨風が当たりやすくなることがあります。なので、その部分が劣化しやすい点には気をつけていただきたいですね。新築から10年くらい経ったらよく見てみて、汚れなどが気になるようでしたらメンテナンスを依頼すると長持ちにつながります」。

雪が降るエリアでの注意点

そのほか、これから片流れ屋根の家を建てたい人が注意すべき点などはありますか?
「雪が降る地域の方は、屋根の片方(低いほう)から集中して雪が落ちるため、雪が山盛りになる可能性があるので、それを踏まえて外構などを考えていくといいと思います」。
これから家を建てようと考えている方、大切な住まいを長持ちさせるためにも、塗装目線のポイントもぜひ参考にしてみてくださいね。

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!