3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

WORKS#29|屋根瓦の修理もお任せあれ!

さらに長持ちするために

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。今回は、当社の施工事例の中からF様邸の瓦屋根補修工事をご紹介します。

劣化していた瓦屋根をキレイに修理

築40~50年くらい経っていたF様邸。これまでとても大切にされてきたことが伺えます。
今回は屋根の劣化が気になり、雨漏りもしていたということで岩佐塗装にご相談いただきました。

瓦屋根は、棟瓦の下に泥を積み、そこに瓦を載せて作ります。そのとき泥がくずれないように漆喰を塗るのですが、F様邸ではその漆喰がとれて泥が見えている状態になっていました。

泥をキレイにして、減ってしまった泥をセメントで補修し、漆喰を塗り直します。さらにその上から塗料を塗って、長持ちするようにしました! 白が映えて、見た目もキレイな仕上がりになっています。

F様からは「気になったのは一か所でしたが、見てもらったら複数個所が劣化していたようで……修理してもらって安心しました」とのお言葉をいただきました。ありがとうございます!

瓦屋根はもともと長持ちするものですが、年月を重ねるとどうしても漆喰が取れたり、瓦がずれたりすることもあるので、20~30年くらいで一度メンテナンスすることをおすすめします!

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!