3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

塗装業者によって金額が大きく違うのはなぜ?

“高い・安い”よりも大事なコト

こんにちは(*^^*)岩佐塗装の広報担当です。
初めて塗装工事を依頼する時、気になる“金額”のこと。今回は、業者によって金額が異なってくるワケ、岩佐塗装のスタンスについて、社長の岩佐に話してもらいました。

業者によって金額が異なるワケは?

業者によって金額が異なる理由として、どんなことが考えられますか?
「大きく分けて『工事そのものの違い』と『会社のしくみの違い』があります。

『工事そのものの違い』は、塗料の種類や質、塗る回数などです。相場よりもすごく安い場合、もしかすると塗料の質があまりよくなかったり、3回塗るべきところ2回で済ませていたりということがあるかもしれません。

『会社のしくみの違い』に関しては、大きな会社だとどうしても人件費、広告費などがかかってくることもあるでしょう。中には“今すぐ契約すれば半額!”のように、わざともともと高い金額をつけておいて煽る、というやり方もあるようですから、注意したいところですね」。

岩佐塗装のスタンスは?

そんな中、岩佐塗装ではどのように工事やその価格と向き合っているか聞かせてください。
「まず、塗料にはメーカーが定めた“規定量”といって、塗料の性能を最大限に発揮するために使うべき分量の決まりがあるんですが、それを当社はしっかり守っています。また、キレイがずっと長持ちするよう“三度塗り”も徹底しています。当たり前のことを当たり前に行い、それに見合った金額をいただく。だから当社は正直“すごく安い”というわけではありません。しかし、工事の質がよく長持ちすることを考えると、コストパフォーマンスは良いと自負しています」。

それから、当社は基本的に社長が一人で営業し、職人も自社の社員ですよね。そのあたりは、金額に影響していますか?
「そうですね、営業マンをたくさん雇ったり、職人を外注したりするよりは、多少は価格が抑えられているかも……でもそれより“しっかり教育されている職人が適正価格で品質良い工事をやってくれるという意味で、コスパが良い”というほうが大きいと思います」。

なるほど、単に金額が“高い・安い”だけでなく、工事の質をいろんな面から見て“コストパフォーマンス”で考えたほうがいいですね!
これから塗装工事を考えている方、ぜひご参考にしてくださいね。

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!