松江店オープン記念外壁・屋根塗装相談会のお知らせ

スタッフインタビュー vol.2 職人 川谷隼人

「塗装職人歴10年!努力家で頼れる若手」

こんにちは(*^^*)岩佐塗装の広報担当です。今回のスタッフインタビューでは、職人の川谷隼人に話を聞きました。

お客様からいただく気持ちがパワーの源

塗装職人歴10年という川谷さん、さっそくですが仕事をしていてうれしいのはどんな時ですか?

「やっぱりお客様に感謝していただける時ですね。『キレイにしてくれてありがとう』と言われると、次もがんばろう!と力がわいてきます。それに、ご年配のお客様が孫のようにかわいがってくださったり『あなたが来てくれてよかった』と言われたりするのも、すごくうれしいですよ」。

ご要望の実現、ご期待以上の作業を

仕事において、心がけているのはどんなことですか?

「お客様との会話の中でご要望を聞き取り、それをできる限り実現することです。それから、お客様が気付かないようなところもプロの目でしっかりと見て、もれなく丁寧に塗るようにしています」。

神楽の横笛のベテラン!

プライベートなことも聞いちゃいます。趣味は何ですか?

「小学6年生から、神楽の横笛をずっと続けています。年に2~3回の踊りの時に演奏するほか、年間10回くらいは神社から呼んでいただいて演奏しに行っています」。

そんなに!じゃあ、休みの日はほとんど神楽なのでは……

「そうですね、練習とかもあるし。みんなで高め合っていく感じが楽しいんですよ!」

技術も知識ももっと磨いていく!

今後、職人としてどんな姿を目指したいですか?

「日々の施工を通じて、技術を磨かせていただいていることをありがたく思っています。長年やっていても同じ家は2つとないので、そういう意味では毎回が初めて、毎回が勉強です。目標は、みんなに頼られる存在。自分に聞けばなんでもわかると言ってもらえるように、技術も知識も磨いていきたいですね」。

頼りになる存在

最後に、こっそり専務にコメントをもらいました。

「若いのにとっても頼りになりますよね! フットワークも軽いし、飲み込みも早いし。お客様にもかわいがっていただいていますね」。

次回も、スタッフの“誰か”をご紹介します。どうぞお楽しみに☆

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!