松江店オープン記念外壁・屋根塗装相談会のお知らせ

WORKS#9|パッチテストで長持ちに自信アリ! 屋根塗装

「しっかり下地を作るからこそ、上塗りが長持ち」

こんにちは(*^^*)岩佐塗装の広報担当です。当社の施工事例をご紹介しているこのシリーズ、今回は11/12の記事 でもご紹介したF様邸の外壁&屋根塗装工事、屋根編です。

「高圧洗浄をしっかりします」にピンときて

屋根が茶色くなって傷んでいるのが気になっていたというF様。当社のホームページやチラシに「高圧洗浄をしっかりします」と書かれている点に心を惹かれて、ご依頼いただいたそうです。塗装会社は数あれど、高圧洗浄についてそこまで詳しく示しているところは他に見なかったとのことで、安心感を持っていただいたようです。

長持ちのためなら、ひと手間もふた手間もかける!

実際に屋根を見てみると、茶色の原因はカビ、コケ、藻でした。まずは高圧洗浄をして、下塗り剤を塗布。そして、この屋根はモニエル瓦といって上塗り塗料がはがれやすい素材なので、上塗りをする前に「パッチテスト」を行いました。瓦の表面に25個のマス目をつくり、そこにテープを貼ってはがして、マスが2個はがれたら不合格(0~1個しかはがれなかったら合格)というもの。

このテストに合格して、上塗り塗料がはがれにくい下地が作れたことが確認できたうえで、上塗りを行いました。お客様の大切な住まいだから“塗装した時だけキレイ”ではダメだと私たちは思っています。ひと手間もふた手間もかけたうえで、この先20年くらいは長持ちする屋根塗装が完了しました。


お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!