松江店オープン記念外壁・屋根塗装相談会のお知らせ

破風板ってなに? 塗装が必要な時期は?

こんなサインが見られたら塗装が必要

こんにちは(*^^*)岩佐塗装の広報担当です。今回は、住宅の屋根における大切な存在「破風板」について、塗装が必要な時期の目安などをご紹介します。

破風板とは?

破風板とは、和風の家に多く見られる、屋根と壁のあいだについている木の板。写真でいうと、山形の茶色の部分にあたります。「風を破って屋根を守る」という名前の由来通り、風が屋根の中に吹き込んだり雨水が侵入したりすることを防ぐ役割を持っている、重要な存在なんです!

塗装工事が必要になる目安

破風板を見て、木が傷んだような色になっている、色がくすんでいる、木がやせてスジが目立っている、腐ったり欠けたりしている……そんなふうになっていたら、そろそろ塗装工事をしたほうがいいというサイン。

劣化が進みすぎると取り換え工事が必要になり、塗装だけなら数万円で済むところ、木材代・施工代などで10~20万円くらいかかることも。費用の面からも、そしてなにより大切な家を守るため、早めのメンテナンスをおすすめします!

岩佐塗装にも頼めるの?

当社ではもちろん破風板の塗装工事も承っています! 取り換え工事が必要なケースには大工さんのご紹介も可能です。実際には、外壁や屋根塗装のときに破風板も一緒に塗装することが多いんですよ。いっぺんに済ませれば足場代も一回分で済むから、コスパの面でもおすすめです。

うちの破風板は大丈夫? と気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!