3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

自宅の塗装で起こりやすいご近所トラブルとは?

岩佐塗装の取り組みもご紹介

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。今回は、自宅の塗装工事をする時、起こりうるご近所トラブルにはどんなものがあるのか、もめ事が起こらないためにはどうしたらいいのかについてご紹介します!

塗装工事“ご近所トラブルあるある”とは

住宅の塗装工事をする際、その近隣からの苦情の例としてこのようなものがあります。

⚡「事前にあいさつがなく、いきなり工事が始まった」
⚡「足場を組み立てる音がうるさい」
⚡「ウチの敷地に無断で職人さんが入ってきた」
⚡「洗浄の水や塗料が飛んできて、ウチの車や洗濯ものが汚れた」

岩佐塗装が取り組んでいること

こんなトラブルや苦情を防止するために、岩佐塗装ではどんな取り組みをしているのでしょうか? 社長の岩佐に聞いてみました。
「まず、工事を始める10日~1週間前には、工事をする家の近隣にごあいさつして回ります。もちろん皆様にご迷惑がかからないよう細心の注意を払って工事に臨むのですが、その前に皆様とのコミュニケーションがとても大切。工事の内容や期間について丁寧に説明したり、気になることがあればお聞きしたり、できる限りご不安の解消に努めます」
なるほど、信頼関係を築くことが大切なんですね!

こんな工夫もしています

そのほか、トラブル防止のために行っていることを教えてください。
「工事が始まる前に、当社の職人や足場の業者さんなどに現場での注意点を改めて私から伝えます。
また、高圧洗浄では水がどうしても飛び散りやすいので、少しでも防げるようできるだけ雨の日に行うようにしています。雨が飛沫をブロックしてくれますし、洗濯ものを干しているお家もないので、ご迷惑をかける可能性を最小限にできるからです。ちなみに塗料の塗り方ではローラー工法が飛び散りにくいので、気になる方は塗装業者に工法を尋ねてみるのもいいかもしれませんね」

これからも岩佐塗装は、家の見た目や機能だけでなく、ご近所との関係性にも気を配り、末永く安心して暮らすお手伝いに努めていきます!

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!