3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

外壁塗装業者とのトラブルあるある4選

岩佐塗装が心がけていることとは

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。今回は、外壁塗装工事を検討する際に知っておきたい、塗装業者との良くあるトラブルについてお伝えします。各項目に、社長 岩佐の一言つき♪

あるある1:色がイメージと違う!

塗り上がった自宅を見ると、あれ?なんか期待していた感じと違う……こんなことがあったらガッカリですよね。塗料の色は、見本で見るのと実際に塗ったのとでは印象がかなり異なります。また、家の形状やデザインによって、同じ色でも雰囲気が違って見えることもあるので要注意!
社長 岩佐の一言「当社では必ずシミュレーションを行ったり、塗料を塗った板をお客様の外壁に当てたりして、実際のイメージにできる限り近づけています!」

あるある2:別料金?!塗ってくれると思っていたのに

「ここまで塗ってもらって、この金額」と思っていたのに、業者から「ここから先は別料金」と言われて揉めることもあるそうです。
社長 岩佐の一言「事前に見積もりをご覧いただき、丁寧にご説明します。お客様のニーズを考慮して複数の見積もりを出す、それぞれのプランの耐久年数や保障年数を一目で把握いただける一覧表もお渡しするなど、塗装が初めての方にもわかりやすいご案内に努めています!」

あるある3:ココもソコも汚れている!

工事後の後片付けや掃除が徹底されておらず散らかったままだったり、養生が雑で塗料が飛び散っていたりして苦情に発展するケースがあります。
社長 岩佐の一言「工事のたびに現場をしっかりキレイして帰ること、養生を丁寧に行うことの指導を徹底しています!」

あるある4:室外機がへこんでいる!

外壁を塗る際にエアコンの室外機や電気給湯器などに足をかけて作業したせいで、工事が終わって見ると筐体がへこんでいる!ということもあるそうです。
社長 岩佐の一言「当社では大切なお客様の所有物を破損しないようにするのはもちろん、やむを得ず室外機などに足がかかってしまいそうな場合は板で保護してから作業するなど、細心の注意を払っています!」

これから外壁塗装工事を考えている方、参考にしてみてくださいね。

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!