3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

外壁塗装でよく聞く「無機」って何?

キレイが長持ち!耐候性の高さはピカイチの無機塗料

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。
皆さん、「無機塗料」という言葉を聞いたことがありますか?
外壁塗装をご検討されている方の中にはご存知な方もいらっしゃるかもしれません。耐候性の高さで有名な無機塗料ですが、なぜ無機塗料はキレイが長持ちするのか。今回は無機塗料についてご紹介いたします。

有機と無機はどんな違いがあるの?

塗料には「有機塗料」「無機塗料」の二種類が存在します。

有機塗料とは樹脂の成分で作られている塗料です。この樹脂の成分(アクリル、フッ素、ウレタン等)のグレードによって耐候性や価格が異なります。この樹脂の成分は紫外線で劣化する性質があるため、時間が経つと紫外線による劣化や退色が起こります。

無機塗料とは、ガラスや陶器のような紫外線で劣化しない無機物が主成分となる塗料です。例えば洗濯ばさみやプラスチックのハンガー(有機物)を長年物干し竿に放置していると、色が褪せて劣化しますよね。一方で窓ガラス(無機物)は紫外線を浴びても劣化していません。これが無機物と有機物の違いです。

無機塗料のメリットは?

外壁の塗料に無機物が入っていれば、ガラスのように塗膜を形成し、紫外線で劣化しにくいため色褪せしにくくキレイな色が長持ちします。さらに親水性に優れているため、雨で汚れを流し落とす作用もあるので、汚れ付着の面でもキレイが長続き!

無機物にはカビや藻が生えにくいという特性もあります。(ガラスにカビが生えているの、見たことないですよね!)理由としてはカビや藻の餌となる有機物が含まれないためです。

たくさんメリットがある無機塗料ですが、懸念すべき点もあります! 次回は無機塗料のデメリットと、デメリットを上手にカバーした岩佐塗装での無機塗料の活用法についてご紹介します!

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!