3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

雪に備える外まわりリフォーム

地域特性を知り尽くした岩佐塗装にお任せください!

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。
山陰の冬といえば、雪! 岩佐塗装でもスタッフみんなでの雪かきは毎年の恒例行事です。もう少しすれば、そんな時期がやってきますね。今回はそんな地域特性ならではのお話です。

豪雪地帯ならではのアプローチとは?

山陰のなかでも特に豪雪地帯では、降雪の影響は深刻な問題です。降り積もった雪は、建物の傷みや劣化に繋がりかねず、対策はマスト! 

降雪の影響をダイレクトに受ける屋根は特に注意が必要です。屋根の形状は、雪が積もり
にくいように急勾配にします。急勾配でも施工しやすく雪が滑り落ちやすい鉄板がオススメです。

形状だけでなく、塗料にも一工夫を加えます。豪雪地帯で用いられるのは硬い塗膜を形成する「二液性の塗料」を使用。屋根材を硬い塗料でしっかりコーティングすることで、雪が滑り落ちやすくなるだけでなく、キズの付着を予防します。

雪でキズが付く?なんだかピンとこない方も多いかもしれません。雪は降ったすぐはやわらかいですが、屋根に積もり、時間が経つとだんだん氷状になってきます。硬く氷化した雪は屋根材をキズつけてしまうんです。

美壁革命と雪溶けに意外な関係?

ある豪雪地帯のお客様の事例です。工場の屋根にたっぷり雪が積もっていたのですが、周りの屋根に比べて、なぜかその工場の屋根は雪溶けが早かったとのこと。屋根上には大雪で1mくらい積もっていたそうです。それも1度だけの話ではなく、ここ3年連続で雪溶けが早いというのがまた不思議。

他の物件と違う点といえば、この物件には美壁革命を塗布していること。雪溶けスピードと美壁革命に何か因果関係があるかも? 今年の冬も雪溶けが早ければメーカーのひとに見てもらって原因を突き止めてもらおうかなと考え中です。 

豪雪地帯の外廻り塗装は、地域密着で20年近く実績を積んできた岩佐塗装におまかせくださいね(^^)/

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!