3周年記念!秋の外壁・屋根塗装相談会予約受付中!

神様もにっこり満足!神社の屋根塗装工事

フッ素配合の二液性の塗料で安心・きれい長持ち

こんにちは(^^)岩佐塗装の広報担当です。
今回はいつもの施工例とは一味違った事例のご紹介です!

熟練の技術で神社の屋根塗装もお任せあれ!

岩佐塗装では一般住宅以外に商業施設の塗装工事も承りますが、今回お受けしたのは神社の屋根塗装です! ご近所の方などはこちらのお写真を見て、「あそこの神社かな?」と分かる方も多いかもしれませんね(#^.^#)

今回こちらの工事のご縁をいただいたのは、以前神社の総代の方おひとりのご自宅の屋根工事をさせていただいたことがきっかけでした。神様が祀られている神社の工事を手掛けさせてもらえるのは、嬉しく光栄で、身が引き締まる思いです!

神様に見守っていただき、ピカピカ屋根になりました

今回は外壁の方は工事せず、屋根塗装のみを承りました。20〜30年のほど前に塗装されていたそうで、塗料の劣化や傷みがみられました。お色は銅のような赤みのあるカラーから、荘厳な黒色に一新!

神社だからといって何か特別な塗装を施すのではなく、一般住宅や商業施設と同じように建物の形状や、気候などの地域特性に合った塗料を選んで塗布していきます。少しでもきれいな状態が長持ちするように、フッ素配合の二液性の塗料を選びました! 二液性の塗料とは、密着力が高く硬い塗膜が形成される塗料で、耐候性に優れているんですよ。

神社の工事ということで、こんな心配も。「神様が祭られている、神社の屋根に上がるのは失礼にあたらないかな……?」大丈夫かな、なんて思っていた矢先に「神様はちゃんと移動しているので大丈夫ですよ! 安心して屋根に上がってくださいね♪」とお声かけいただき、胸をなでおろした職人一同でした(#^.^#)

Y神社様、このたびは誠にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

お問い合わせはこちら

雲南市大東町養賀784-5
木次線出雲大東駅から車で1分(駐車場あり)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!