4月の外壁・屋根塗装の大相談会のお知らせ

外壁のヒビ割れはナゼ起こる?原因と対策を解説!

  • URLをコピーしました!

「放っておくと危険!見つけたら早めにご相談ください」

こんにちは。岩佐塗装の広報担当です。
来月には梅雨時期、夏の終わりからは台風シーズンとこれから本格的な雨の季節がやってきます。その前に是非確認しておきたいのが雨漏り対策! 雨漏りは様々な原因で引き起こされますが、そのひとつが外壁のヒビ割れです。今回は放っておくとコワイ外壁のヒビ割れについて解説をいたします。

外壁のヒビ割れの原因は?

ヒビの主な原因は建物に伝わる揺れや振動です。地震や強風による建物の揺れや、大きな道路や電車の路線のすぐそばであれば、乗り物が通過したときの振動も影響します。周辺環境や自然災害の影響によって建物が揺れ、外壁がその衝撃に耐えられなくなるとヒビが発生します。

ヒビの発生のしやすさは建物の地盤の丈夫さと工法・構造によって左右されます。外壁のヒビ割れを防ぐには新築時に揺れに強い建物の工法・構造で建築し、地盤を丈夫にすることが大切です!

ヒビ割れを放っておくとどうなるの?

おうちの外壁にヒビを見つけたら、出来るだけ早い段階でご相談ください! ヒビを放っておくと、そこから雨が内部に侵入し雨漏りしたり、長期間放置しておくと内部の構造体の腐れや劣化に繋がったりします。ひどい場合では衝撃に耐えかねて突然壁が落ちてくる場合も。危険かつおうちの他の箇所の劣化にもつながりやすいので注意が必要です。

どうやって補修するの?

髪の毛ほどの細いひびであれば軽く削って補修し、それよりも少しmm数が大きくなれば、サンダーでヒビを削り、素材を密着させるようにしてヒビを埋めます。ビルのような鉄筋コンクリート構造などの分厚い素材であれば、ヒビにエポキシ樹脂(※1)を注入して処置をすることもあります。

このようにヒビ割れの大きさ・壁の種類によって方法を変えながら補修しますが、壁が浮くような大きなヒビ割れの場合は、補修できないため壁そのものを取り外して変える必要も。適切な処置をするためにも現場での判断、早期発見がとても大切です。これから来る梅雨や台風シーズンにも早めに備えて、ヒビを見つけたら早めにご相談くださいね(^^)

※1 エポキシ樹脂……塗料や接着剤、欠損部分のパテとして成形などに使われる耐候性・耐水性に優れた高性能な合成樹脂

雲南店

〒699-1245 島根県雲南市大東町養賀784-5
TEL:0854-43-8820

松江店

〒690-0826 島根県松江市学園南2丁目11-46
フリーダイヤル:0800-222-1830
TEL:0852-67-7810

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社岩佐塗装代表の岩佐智好です。雲南市を中心に、出雲市や松江市、奥出雲など、地元密着型の塗装会社として外壁塗装や屋根塗装などを施工させていただいております。もしも、家の外壁・雨漏りなどでお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。